efoでできること

efoを使ってできることは、入力フォームをわかりやすく改善するだけではありません。ログを解析することによって、ユーザーがどの項目を入力中に途中で離脱したのかまで細かく把握することが可能です。それにより、問題箇所を分析して適切な形に改善することで、ユーザーが入力中に途中離脱する率を減らすことも可能です。efoの最も重要なポイントは、ユーザーがどこの入力項目でつまずいたのか発見し、入力完了まで達成できるように改善することにあります。

efoサービスの導入を検討している場合には、この分析レポートの内容がしっかりしているところを選ぶことが必要です。どの項目に問題があるのか発見できることや、修正前と修正後でどう変わったか比較できると良いでしょう。

また、最近ではパソコンだけでなくスマートフォンのページを設ける企業も増えています。入力に手間がかかるというのはパソコンだけではありません。スマートフォン版のホームページを持っている会社であれば、efoサービスもスマートフォンにも対応しているところを選ぶと良いでしょう。

ホームページまで訪れてもらったのに、その後のアクションまで至らなかった人や、入力途中で離脱してしまうユーザーを逃さないようにするツールがefoサービスです。