efoを導入する利点

efoを導入することで、エントリーフォームをより分かりやすく入力しやすい形に変えることが可能です。例えば、せっかくフォームまで訪れていても、その先に進む為の入力事項があまりに多いと何もせずに戻ってしまう人もいます。そこを最低限の項目に絞ることで、フォームを訪れた人が続きを入力しようとする可能性が高くなります。

また、入力エラーにより次に進めないというのもユーザーにとっては打ち直しのストレスになり、途中で諦めてしまうケースがあります。このようなケースを防ぐには、誤って入力している欄がどこなのかはっきりとわかるようにする、半角入力の指示がある欄に全角で入力しても半角に自動変換されるなど、やり直しでユーザーが感じるストレスを軽減させる配慮をすることで途中離脱によるユーザー離れを食い止めることができます。

その他にも、郵便番号欄に数字を入れるだけで住所の市区町村まで自動入力されるシステムや、入力欄があとどれだけ残っているのか数字で知らせてくれるなどの機能があります。

efoを導入することは、入力に伴うユーザーの労力やストレスを軽減し、エントリーフォームまで訪問しているのに戻ってしまう人や、途中で入力を諦めてしまう人をその先まで進めてあげる手助けになります。