広がるefoの導入

インターネットを利用していると、例えばネットショッピングサイトや登録制サイトで自分の個人情報や必要な項目を入力する機会があるかと思います。その際に途中で入力が面倒くさくなってしまったり、項目事項を埋めてもエラーで次に進まないといった経験を下人も多いでしょう。

パソコンでの入力作業は地味ですが、意外に大きな労力を使います。特に電話番号やフリガナなどの入力で半角や全角カナなどの指示に従わないとエラーが出てきたり、どの項目でエラーになっているのか注意をしてくれないフォームだとストレスは大きくなる一方です。

アクセス解析を導入すればエントリーフォームまで進んでくれた人の人数と、そこから入力完了までしてもらえた人の人数を把握することができますが、フォームのどこでつまずいてしまい先に進めなかったのかまではわかりません。エントリーフォームまで辿り着いた人は多くても、そこから先に進む人が少ないという場合には、フォーム自体に問題がある可能性もあります。

efoサービスは、このエントリーフォームに潜む問題点を分析し、ユーザーが入力しやすい最適な状態にしてくれるサービスです。無駄な入力項目を省くことで、面倒だと引き返してしまうユーザーを引き止めたり、エラーが出ても入力した箇所がリセットされないような機能を加えることで入力に関する手間やストレスを軽減し、顧客の獲得に繋がる可能性があります。このサイトでは、efoサービスとはどのようなものか、それを使ってどういったことができるのかを紹介します。