efoでできること

efoを使ってできることは、入力フォームをわかりやすく改善するだけではありません。ログを解析することによって、ユーザーがどの項目を入力中に途中で離脱したのかまで細かく把握することが可能です。それにより、問題箇所を分析して適切な形に改善することで、ユーザーが入力中に途中離脱する率を減らすことも可能です。efoの最も重要なポイントは、ユーザーがどこの入力項目でつまずいたのか発見し、入力完了まで達成できるように改善することにあります。

efoサービスの導入を検討している場合には、この分析レポートの内容がしっかりしているところを選ぶことが必要です。どの項目に問題があるのか発見できることや、修正前と修正後でどう変わったか比較できると良いでしょう。

また、最近ではパソコンだけでなくスマートフォンのページを設ける企業も増えています。入力に手間がかかるというのはパソコンだけではありません。スマートフォン版のホームページを持っている会社であれば、efoサービスもスマートフォンにも対応しているところを選ぶと良いでしょう。

ホームページまで訪れてもらったのに、その後のアクションまで至らなかった人や、入力途中で離脱してしまうユーザーを逃さないようにするツールがefoサービスです。

efoを導入する利点

efoを導入することで、エントリーフォームをより分かりやすく入力しやすい形に変えることが可能です。例えば、せっかくフォームまで訪れていても、その先に進む為の入力事項があまりに多いと何もせずに戻ってしまう人もいます。そこを最低限の項目に絞ることで、フォームを訪れた人が続きを入力しようとする可能性が高くなります。

また、入力エラーにより次に進めないというのもユーザーにとっては打ち直しのストレスになり、途中で諦めてしまうケースがあります。このようなケースを防ぐには、誤って入力している欄がどこなのかはっきりとわかるようにする、半角入力の指示がある欄に全角で入力しても半角に自動変換されるなど、やり直しでユーザーが感じるストレスを軽減させる配慮をすることで途中離脱によるユーザー離れを食い止めることができます。

その他にも、郵便番号欄に数字を入れるだけで住所の市区町村まで自動入力されるシステムや、入力欄があとどれだけ残っているのか数字で知らせてくれるなどの機能があります。

efoを導入することは、入力に伴うユーザーの労力やストレスを軽減し、エントリーフォームまで訪問しているのに戻ってしまう人や、途中で入力を諦めてしまう人をその先まで進めてあげる手助けになります。

efoとは?

インターネットのホームページを運営している人であれば、efoという言葉を聞いたことがあるという人も多いかと思います。efoとは「Entry Form Optimization」の頭文字を取った単語で、「エントリーフォーム最適化」という意味になります。

ネット通販を利用する際や、何らかのサービスに登録する際に、名前などの必要な情報をエントリーフォームの形式に従って入力したことがある人は多いでしょう。この時に、必要事項の入力を見落としてしまったり、エラーで何度もやり直しを経験したという人いるはずです。何度も入力をし直す必要がある場合や、入力事項があまりに多いエントリーフォームでは入力完了まで至らずに、途中で断念してしまう人もいます。これでは、せっかく利用しようと思っていた気持ちも萎えてしまいます。

利用しようと考えていた人が、わざわざ訪問してエントリーフォームの入力まで辿り着いたにも関わらず、最終的には入力完了できなかったために顧客となりえなかった場合、そのエントリーフォーム自体に問題がある可能性が高いと見ることができます。efoは、入力しようとする人に、必須事項をわかりやすく表示し、エラーを回避するだけでなく、入力した人がどこで躓いてしまったのかまで解析することができるサービスです。

広がるefoの導入

インターネットを利用していると、例えばネットショッピングサイトや登録制サイトで自分の個人情報や必要な項目を入力する機会があるかと思います。その際に途中で入力が面倒くさくなってしまったり、項目事項を埋めてもエラーで次に進まないといった経験を下人も多いでしょう。

パソコンでの入力作業は地味ですが、意外に大きな労力を使います。特に電話番号やフリガナなどの入力で半角や全角カナなどの指示に従わないとエラーが出てきたり、どの項目でエラーになっているのか注意をしてくれないフォームだとストレスは大きくなる一方です。

アクセス解析を導入すればエントリーフォームまで進んでくれた人の人数と、そこから入力完了までしてもらえた人の人数を把握することができますが、フォームのどこでつまずいてしまい先に進めなかったのかまではわかりません。エントリーフォームまで辿り着いた人は多くても、そこから先に進む人が少ないという場合には、フォーム自体に問題がある可能性もあります。

efoサービスは、このエントリーフォームに潜む問題点を分析し、ユーザーが入力しやすい最適な状態にしてくれるサービスです。無駄な入力項目を省くことで、面倒だと引き返してしまうユーザーを引き止めたり、エラーが出ても入力した箇所がリセットされないような機能を加えることで入力に関する手間やストレスを軽減し、顧客の獲得に繋がる可能性があります。このサイトでは、efoサービスとはどのようなものか、それを使ってどういったことができるのかを紹介します。